« 翔ちゃん★うらあらし更新 | トップページ | 名古屋ドーム2日目(アンコール、最後の挨拶) »

名古屋ドーム2日目(翔ちゃん編)

記憶のあるうちに書いちゃおうと思います
嵐くんたちが翔ちゃんを助けながら頑張ってました
こうゆうとき解るよね仲良しグループ
嵐の結束はそれは眩しいくらいでしたよ
嵐を好きになってよかった瞬間です
翔ちゃんも一生懸命頑張ってくれましたheart04
少しですが今日の翔ちゃんを書いてみようと思います
ほんとに少しなので見たい方は続きで(ネタバレ少しあり注意)



スタートが5分ほど遅れちゃったのは翔ちゃんのアクシデントsign02
16時05分にメインステージにて嵐くんが登場
暫くは解らなかった、はっきり解ったのはMCの時です
でも確かに翔ちゃんの右手がブランとしてました
マイクも持ってなかった
左手はファンのみんなに手を大きく振っていた
その為か右手が妙な動きが気になった
これはいつもと違うと気づいた人も多かった


最初の挨拶いつもと変わらず大きな声で「準備は出来てるか」
足も少しひきづるような感じだったといいます(私は解らなかった)
そしてMCの時に潤くんから発表が
「みなさん気づいてる人もいると思いますが翔さんが怪我をしまして・・・」
会場中が「えーっ」と心配そうに見つめてました
あまりに会場中がえーっと言うので
翔ちゃん「そんなにビックリしなくても大丈夫ですから」みたいな事言ってたと思います
詳しくはMCレポで書きますが、これを聴いてから私は相葉ちゃんだけではなく翔ちゃんも双眼鏡で追っかけてました
どっちかって言うと後半は翔ちゃん見てるほうが多かったかも

そして後半、常に翔ちゃんの傍には相葉ちゃんがいました
私は双眼鏡で翔ちゃんを追っかけてましたし相葉ちゃんも追っかけてました.。いつもコンビは一緒にいることが多かった
翔ちゃんの後ろに回って誘導するように体を支える相葉ちゃん
トロッコから降りてくる翔ちゃんを下で待ってる相葉ちゃんも
潤君も「踊りが苦手な相葉ちゃんが翔ちゃんの踊りをカバーしてる」と言ってました
MCの中でコンビが抱き合ってたりもしてた
相葉ちゃんだけじゃなく潤くんニノちゃん大ちゃんも常に翔ちゃんを気遣ってました

最後の僕らの名前はというのは潤くんですが
翔ちゃんに譲ってました
目で翔ちゃんに訴えてたように見えました
この時も凄く嬉しかったな~
華麗なダンスが出来ない分、翔ちゃんにそのポジションを与えたんでしょうね。これこそ仲間愛ですよね

ずっと翔ちゃんは右手を大きく回し「上のほう」って言ってた
痛いだろう右手も上に上げてくれた時も多かった
踊れない辛さ、ファンの方に申し訳ないという表情に胸を打たれました。いいのに翔ちゃん無理しなくていいのに
今になってあの時の翔ちゃんの行動を思い出すと涙が出てきます
手を振らなくても立ってるだけでもいいのに
翔ちゃんは責任感強いから一生懸命ファンにサービスしたかったんだね。その気持ちが凄く伝わってきたよ
痛いのに我慢してトリプルアンコールまでしてくれてありがとう
今回のコンサートはいつものコンサートより何倍も素敵だった
だって嵐くんの仲間を想いあう心が見ることが出来たから

嵐はやっぱり素晴らしいんだって改めて実感
今はゆっくり休んで欲しいです
きっと痛みは出てるはずだから無理しないでね翔ちゃん
いい仲間と巡り合えて良かったね
嵐がこの5人でよかったって感じたコンサートでした
MCレポ最後の挨拶、そしてアンコールの時のお話
またアップしますね


ランキング2つ参加してます☆
down1日1回ポチッと押してくれると嬉しいです☆

ジャニーズブログランキング

|

« 翔ちゃん★うらあらし更新 | トップページ | 名古屋ドーム2日目(アンコール、最後の挨拶) »

櫻井翔(翔ちゃん)」カテゴリの記事

コメント

しげちゃんお疲れ様&有難うございました♪しげちゃん初対面なのに気さくで、楽しかったです♪やっぱ関西の方はノリが良い!またご一緒できたら良いな。
メンバーもスタッフも、フォローし合いながら頑張ったコンだったね。いつもとは違った一体感があったよ。
翔くんのケガ、次の東京では治ってますように!そしてお互い東京入れますように!

投稿: ねむ | 2008年6月 2日 (月) 10時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/492624/21345373

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋ドーム2日目(翔ちゃん編):

« 翔ちゃん★うらあらし更新 | トップページ | 名古屋ドーム2日目(アンコール、最後の挨拶) »